ピックアップ製品ピックアップ製品

自動車・二輪車業界
航空・宇宙業界
環境・レジリエンス

カーボンニュートラルソリューション「アルミ切粉リサイクルシステム」

カーボンニュートラルソリューション「アルミ切粉リサイクルシステム」

アルミ切粉リサイクルシステムの特長


運搬費用と保管場所の節約

・切粉のリサイクルによる素材費低減

・切削油の再利用によるコスト削減

・鋳造時に出る離型剤付着バリのリサイクルで素材費低減

・工場排出物の低減とリサイクル

 

 

「カーボンニュートラル」社会に向け次世代スタンダード

「アルミ切粉リサイクルシステム」

 

 CO2削減とコストダウンを実現するマシンラインナップ

❶ 切粉圧縮機 RUF

❷ 脱脂炉 CYT-3500NEO

 

工場排出物をリサイクルすることにより、温室効果ガス(CO2)排出量の削減だけでなく、コストダウンに効果を発揮します。

 

 

❶ 切粉圧縮機RUF

切粉圧縮機RUF

 

切粉圧縮機RUFの特長

・処理能力~160kg/h     ※切粉形状・材質及び圧縮機の型式により異なります

・集中ろ過装置との組み合わせで切削油を再利用することが可能

・他社切粉圧縮機数台の処理を1台で可能

・減容することで、切粉回収作業工数を削減

切粉圧縮機RUFの特長

 

アルミ切粉の処理方法(再溶解をするための工程)によるCO2排出量比較

従来の油水分を気化させる「ロータリーキルン」と油水分を押し出す「切粉圧縮機」を比較したところ、RUF製「切粉圧縮機」の方が切削油除去時のCO2排出量が弊社試算比で約64%削減出来ます。

 

 

 

❷ 脱脂炉 CYT-3500NEO

アルミ切粉リサイクルシステム_CYT-3500NEO

 

脱脂炉CYT-3500NEOの特長

・過熱水蒸気を利用することにより、「アルミ切粉」「アルミブリケット」「油付きバリ」「離型剤汚泥」等の脱脂脱水処理を高効率に行います。

・無酸素状態で処理を行うため、アルミの酸化を最小限に抑えることが可能です。

・発生した乾留ガス(主にクーラントなどの揮発した油分)を、脱脂処理に必要なバーナー燃料として再利用するため、一次側供給燃料使用量を抑えることができ、CO2排出量も削減されます。※ 条件によっては、一次側燃料を遮断して、乾留ガスのみで処理が可能。

 

アルミブリケットの脱脂脱水処理時の炉内温度曲線

アルミブリケットの脱脂脱水処理時の炉内温度曲線

 

アルミ切粉のブリケット化&脱脂処理テスト(A社様事例)

アルミ切粉リサイクルシステム_アルミ切粉のブリケット化&脱脂処理テスト

 

ユアサネオテックだけの次世代モノづくりソリューション

「脱炭素」これは世界共通の課題であり、もはや避けて通ることはできません。
現状既にある工場・設備・インフラより、CO2排出量を削減するために何が出来るのか!
ユアサネオテックは、お客様の脱炭素化に向けた課題や取り組みをサポートします。
先ずは、お気軽にお問い合わせください。

ユアサネオテックは、カーボンニュートラル社会実現に向け、お客様と共に取り組み続けます!

 

 

カタログ請求・問い合わせ

 

お問い合わせはこちら